傷つくことを恐れて。

2017/05/24

mok_meri-go-rando_tp_v


生き方ランキング

 

こんにちは。桜井です。

若い頃、心が尖っていました。

当時は気が付かなかったけれど・・・

相当尖っていたと思います。

優しくしてくれる人にも心を開くこと無く、作り笑顔。

「どうせお前も...」という先入観で人を見ていました。

傷つくことが怖くて、信じることをしなかったんです。

それどころか、傷つくことを恐れて、自分から攻撃していました。

無意識に、ですけど。

信じて欲しい、と言ってくれた人達をも信じることが出来ず攻撃していました。

今思うと最低です。

傷つくことを恐れて、先に攻撃をする。

なんて悲しい人間でしょう。

自分がそうだったから分かるんですけど、とても可哀想な人なんですよね。

だって、幸せじゃ無い。

心から心配してくれているかもしれない人を攻撃して、悲しませている。

攻撃が最大の防御だと思っている(無意識でも)

昔の自分に伝えることが出来るなら・・・

『打たれないようにするんじゃなくて、打たれても倒れない心を作れ!』

と言いたいですね。

誰かに攻撃をしなくても、物事に対して臆病になっている人も同じ。

誰しも傷つくのは嫌だし、嫌な思いをしたくない。恐い。

だけど、それを恐れて何もしなかったり、被害妄想になって悲しんだりしている時間は物凄くもったいないと思うんです。

守っているようで、何も守れていないって事です。

傷つくことを恐れてバリアを張っていたって幸せにはなれない。

誰も明日を経験することは出来ません。

だって、明日になった瞬間に今日になるんですから。

ほんの一瞬の未来さえ分からないのに、先のことを恐れて何も出来ないなんてもったいない。

誰も信じられないなんてもったいない。

明日のあなたが笑顔で過ごせますように。

スポンサーリンク


 
最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
感謝します。

 

 

[ ブログランキングに参加しています ]

応援クリックお願いしますm(_ _)m
励みになります!!


人気ブログランキングへ

-感情