自己紹介

photo3

はじめまして。桜井と申します。

当ブログに訪問して頂きありがとうございます!!
この御縁をとても嬉しく思います。
このブログを書いていこうと思ったきっかけや、私の自己紹介をしていきます。
お時間がある時にでも読んでいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

 

[ プロフィール ]

名前:桜井(さくらい)
年齢:41歳
血液型:O型
星座:さそり座
出身地:愛知県名古屋市

・ボディーセラピスト
・レイキティーチャー
・ライフコーチ
(心理カウンセラー1級,コーチング1級)

 
[ 生い立ち ]

幼少期の記憶があまり無く、小学三年生の時に母が再婚するまで母一人子一人の母子家庭で育つ。

記憶にあるのは、母とパチンコ屋と借金取りのドアを叩く音。

母は私が保育園児の頃からずっとパチンコ依存症でした。

縁を切るまでずっと・・・

 
母と再婚した相手は町の工場で働く根はマジメなオジサンでした。

私は反対もせず父として受け入れました。

あまり感情がない子供でしたので、扱いやすかったと思います。

父になったオジサンは根はマジメでしたが、酒を飲むと強気になり、よく色んな所でトラブルを起こして来るような人でした。

母は相変わらずパチンコ店に入り浸り、生活費を使い込んでは家出を繰り返し、父と喧嘩をしていました。

父はギャンブル好きという性格もあり、紛い者に騙されて多額の借金をしたようでした。

生活に困った両親は、生まれたばかりの弟と小学四年の私を養護施設に預け、再生を試みることに。

それは春休みに突然実行されました。

私たちには何の相談もなく・・・

 
ここから私の人生は大きく変わることになります。

家庭という場所を失ったのです。

 
養護施設・・・

まず児童相談所で数日過ごし、心理テストなど性格分析をして、行く施設を決められます。

精神的心理的健康的に問題が無ければ、普通の学校に通う施設に行けます。

問題行動のある子供はそれなりの施設に入れられます。

私は「普通」と判断され、普通の学校に通う施設に入りました。

ですが、私はもうこの時から一層感情を表に出せない子供になっていたと思います。

施設での壮絶な出来事はここでは割愛しますが、子供には強烈な日々でした。

小学五年生で白髪頭になり、原因不明の皮膚病で右の親指が腐りかける。

という、身体的にも異変が起こるほどのストレスだったのでしょう...

 
たった一年ちょっとで家に戻されましたが、私の性格は180度変わってしまい。

同級生に「違う人?」と疑問を持たれるほどでした。

家庭内は相変わらず母のパチンコ依存による借金、父のギャンブル。

腹違いの兄による嫌がらせ。

どこに居ても地獄でした。

 
その後二十代後半まで色々ありましたが、

最終的に一家離散。

現在、両親の居場所も連絡先も、兄弟たちの居場所も連絡先も知りません。

 

私は一家離散に行き着くまで、家族を大事に思い、

生んでくれた母を恨むことなく接してきましたが。

それでも当時の私に愛が足りなかったのでしょう・・・

思いが届くことなく、一家離散となってしまいました。

最後の最後は私が彼らを心から排除してしまったんだと思います。

心で捨ててしまった結果なのでしょう...

しかし、このことがきっかけで、自分と向き合う事が出来たのです。

 
私は母を救いたかったのではないだろうか?

何故出来なっかったのだろうか?

人は何故闇を抱えてしまうのか?

 

現在は、たくさんの人を笑顔にしたい!

自分らしく豊かな人生を生きるコツを分かち合いたい!と思い、

コーチ、セラピストとして活動をしています。

 

これまで私が経験してきた事全てがギフトだとしたら・・・

私は誰よりも恵まれていると思うんです。

たくさんの出会いがあり、

たくさんの助けをもらい、言葉を掛けてもらい、見守ってもらい、

私が今ここに居られるのは、出会ってくれた人達のおかげなのです。

 

闇の部分にフォーカスして暗く生きるより

光の部分にフォーカスしたら、凄く幸せだった事に気が付いたんです。

 

自分も含め、この事に気が付いてない人って結構いるんですよね・・・

なのでこのブログを使って、事実はどうであれ、

「心」が幸か不幸かを決めているという事。

どのように考えれば苦しみから解放されるのかを、私なりの見解をシェア出来たらな、

と思っています。

 

御縁ある方、よろしくお願いしますm(__)m

2017/12/04